QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2022年01月10日

2022年もよろしくお願い致します!

戦友の皆様、あけましておめでとうございます。
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。

2022年こそはリアルタイムで中隊の活動お知らせできる!とはりきってたのですが誠に残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大という状況を踏まえまして…といった次第です。

とりあえず中隊長に『ハッピータイガーの画像ください』という電報を打ったらこの画像が来ました(おめでたいし可愛いんですがコレジャナイ感…中隊長には言えないんですけどね)



というわけで今更ながら本棚から小林源文先生の『ハッピータイガー』を引っ張り出しましたら後編の表紙でアノ2人が乾杯しているじゃないですか!!!(度重なる今更感ですみません)



そういえば『ハッピータイガー』も数々の困難に負けず自分たちの道を切り開いたんだよなぁ~とちょっと励まされた次第です。

どうか皆様におかれましても素敵な一年になりますように。いついかなる時も守護天使が傍にいますように。
それから私に5億円が振り込まれますように(非課税で)

今年もよろしくお願い致します!

※現在、中隊は社会的情勢を鑑みながら活動中です。再会の時までのご健勝を心よりお祈りしております。
Auf Wiedersehen!

文章/ウサギの黒紫貴
  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 09:30Comments(0)黒騎士中隊日誌小林源文先生の劇画

2021年12月29日

よいお年を!来年もよろしくお願い致します!

戦友の皆様ご無沙汰してます!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。

久しぶりの更新で申し訳ありません(もう開き直ってます)
皆さまはお休みに入られてますか?まだ頑張っていらっしゃいますか?
え?私ですか?個人的な話で恐縮ですが12/20ぐらいからの記憶が無いです:;(∩´﹏`∩);:



12月某日、ショットショー&小林源文先生をお迎えしての忘年会を開催致しました。





























関係者と参加者の皆さま、ご縁頂けた感謝と御礼を申し上げます!

また今年ご縁いただいた全ての方がよいお年を迎えられますように。
何卒お身体ご自愛ください。

※当黒騎士中隊は今後も社会的情勢を鑑みながら活動していきたいと思います。再会の時までのご健勝を心よりお祈りしております。
Auf Wiedersehen!

文章/通信補助員
(12/29現在 まだ仕事が納まってないどころの話ではないです)  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 20:03Comments(0)黒騎士中隊日誌スピンオフ活動

2021年11月20日

FUBAR2021に参戦して参りました!

戦友の皆様ご無沙汰してます!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。

またまた久しぶりの更新です。
中隊としては結構動きはあったんですが更新が出来なかった理由としては『私個人が出血多量の損傷を負ってしまい臓器摘出か輸血かというレベルの話』になってしまったことですかね。

時期はちょうどコロナ禍真っ只中でしたから医療の事などを考えると流石に死を覚悟しました(念の為事前に遺言はしておりましたが)が何とか生き延びることができました。

そしてこの件を中隊長にご報告したところ『まだやることがあるから生き延びたのかもな』と言うことなのでまだ今世で頑張ります!


…前置きが長くなりましたが当黒騎士中隊でFUBAR2021へ参加して参りました!!
(コメントは私個人の感想で中隊長と中隊の意図するものではありません)


集合写真。こんな感じ久しぶり。


緊迫感パねえ。


なんかこんなプラモありますよね。


パイセン!お久しぶりです!


関係者と参加者の皆さま、ご縁頂けた感謝と御礼を申し上げます!
久しぶりの公式な活動でなんか胸熱です。

※FUBAR2021に関して体験記書かれている方多いみたいですのでそちらも是非。皆さま熱く書かれているので読み応えあります!
個別に取り上げたいところなんですが選べませんでした。

今後も社会的情勢を鑑みながら活動していきたいと思います。再会の時までのご健勝を心よりお祈りしております!Auf Wiedersehen!

文章/ウサギの黒騎士(戦艦導入しました)  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 22:31Comments(0)遠征

2021年07月24日

黒騎士中隊は近日活動再開予定です!

戦友の皆様ご無沙汰してます!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。

久しぶりの更新になります。
暑い日が続きますが如何お過ごしでいらっしゃいますでしょうか?


↑皆様からしたらこんな感じですよね(笑)
わかりますわかります。自分も久しぶり過ぎて笑えてきます。


お身体ご自愛くださいますように…というのがただの社交辞令とか挨拶文ではなくガチのマジで必要な世界線になってきたなぁと思っています。

さて当黒騎士中隊ですが近日中に感染者状況や社会情勢等を踏まえて中隊内で検討しつつ徐々に活動再開したいと思います!
(小規模なミーティングなどはありましたが全て電話やLINEなどなのでご報告できずでした)

皆様、何卒よろしくお願い致します。

それでは再会の時までのご健勝を心よりお祈りしております!Auf Wiedersehen!

文章/ウサギの黒騎士(九州支部移転しました)  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 10:17Comments(0)黒騎士中隊日誌

2020年12月07日

FUBAR2020&ショットショージャパン参戦致しました!

戦友の皆様ご無沙汰してます!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。

11月某日、黒騎士中隊はFUBAR2020とショットショージャパン・冬の部に参加致しました!




FUBARについてはこちら!
https://tokaifrontline.web.fc2.com/fubar/fubar2020/fubar2020.html

※個人的にはFUBAR関連の戦闘記録がたっくさんあるのとなかなか読み応えあるものがあるのでご紹介したいのですが今回掲載許可が下りたのがこちらのみです。

ショットショーは源文先生のブースにて



先日、中隊長と通信した際に源文先生の作品について盛り上がりました!
(そういえば部隊名を黒騎士中隊かZbvか迷ったんだよなぁ~という謎のエピソードがあります)

個人的に源文先生の作品のラストが好きですね(Zbvだったらブルクハイトがアデュー!と手を上げるところとかすげー真似しましたもん)

FUBAR2020&ショットショー、関係者の皆様とご縁があった皆様、源文先生お疲れ様でした。


今後も黒騎士中隊各員も新型コロナウィルス感染拡大防止に最大限尽力するよう勤めて参ります。

尚、今後の活動については感染予防を徹底するとともに演習等も社会情勢を鑑みて判断し、追って発信いたします。
心から皆様の無事と健康を祈り、医療従事者の皆様への敬意を表したいと思います。

Auf Wiedersehen!  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 21:15Comments(0)黒騎士中隊日誌

2020年11月21日

おうち時間も楽しもう!『小さな独裁者』

戦友の皆様、いかがお過ごしでしょうか?

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます。
絶賛活動中なんですが、またちょっとおうち時間も増えそうなので私が見た映画などを書いていきたいと思います。

ちょっと時間が出来たので少しづつブログを更新していこうと思って前から気になる作品をレンタルしてきたのですが、

わりと怖い話には耐性がある私でさえ、
久しぶりに心底『こええええええええええええええ』と白目むいた作品をご紹介したいと思います。







『小さな独裁者』(2017年 ドイツ)

原題の"Hauptmann"とはドイツ語で「大尉」という意味。

第二次世界大戦末期の1945年4月、軍規違反が相次ぐ敗色濃厚なドイツ。




部隊を脱走した空軍上等兵ヘロルトは憲兵隊に追われていた。
辛くも追っ手から逃れた彼は、打ち捨てられた軍用車両の中をあさっている際に空軍将校(降下猟兵大尉)の軍服一式を発見。



軽い気持ちでこの軍服を身にまとってみたヘロルトを本物の将校と信じた遊兵フライタークから指揮下に入れるよう頼まれ、
ヘロルトはこのまま将校になりすますことを思いつき巧みに嘘を重ねていく…


.*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*.

ヴィリー・ヘロルトという人物の実話ですが、実際は映画よりもっと残酷だったようです。

ここからは私個人的の感想ですが、

あらすじを読んでざっくりまとめると、
『主人公のヘロルト(脱走兵)がひょんなことからエラい人の軍服を手に入れてイキリ大尉になって無双する話?』と単純に思ってたんですがむちゃくちゃ怖かったです(人間の心理が)

丈の合わない軍服を着たヘロルトも最初は『いつバレるんやろか…』と不安そうな表情を見せるんですが、ものすごい速さで状況に適応していくのがまた怖いです。


(画像はオーパーツ&マンパワー使用です)

そして指揮下に入った遊兵たちもヘロルトの指揮下で次第に残虐な行為に馴染んでいき、
ヘロルトの嘘が招いた負の連鎖と結末に全員が直進していきます。

『些細な嘘でほぼ全員が不幸になる』というところが松本清張の作品を彷彿させる映画でしたが、
嘘みたいなこの話が実際にあったというのがまた怖さ倍増でした。

あと思った以上にエネルギーを消費するし考えさせられたので、大型連休の初日とかハーゲ〇ダッツやpizza、じゃがり〇等を食べながら心身元気な時に見て欲しいと思います。(結構後味悪いです)

余談ですが私も一年に数回『先生』と呼ばれることがありますし、仕事柄ちょっと特殊な服を着ることがあります。

なので行き先でむちゃくちゃ有り難がられたり、丁重なもてなしを受けるのでついついイキリ顔になるし、主人公の気持ちがすごくわかります。
正直、チヤホヤされるんで自分TUEEEEって気になるんです。

…でもみんながチヤホヤするのは私個人じゃなくて『服』や『肩書き』なんですよね。

実際そういう同業者も多いですし、チヤホヤされたいンゴ…で『先生』になりたい人も沢山います。

師匠曰く『先生と言われて調子に乗るやつは三流だし、チヤホヤする周りに流されたらいけない』とのことですし、それで潰れた同業者も沢山います。

要は服(階級)に見合った漢(中身)になれ!ということなんだろうなぁと思います。

ホンマに先生!とか大将!とか言われて調子に乗る時があるとしても飲み会の支払いの時や繁忙期のイレギュラー出勤とか頼まれごとぐらいでしょうね。

個人的な思い出は中隊長の『先生!頼みますよ!』でイキリ奢り太郎になって『忘年会』とかいう名目で京橋の安い居酒屋で何回か奢るハメになったかわからへんな~と思い出すぐらいで丁度いいと思います。財布と明日の為にも…


(画像はイメージです)

まぁ『先生!』と呼ばれてイキリ全開になりそうな時は要注意!ということと、忘年会は1回やればいい話ということで…今日はお開きにしたいと思います。

(余談ですがこの文章書いた時は1年前だったので当たり前に忘年会、新年会とかあったんですよね…今はちょっと飲みに出るのも躊躇われますね…)

それでは皆様、またお会いできる日を楽しみにしています。Auf Wiedersehen!

それから Wir sind heute zu Hauseでご安全に、
医療従事者の皆様、関係者の皆様、
何卒お身体ご自愛くださいませ!

text/ウサギの黒紫貴  

2020年11月18日

11月の演習のご報告!

戦友の皆様ご無沙汰してます!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。

先日、勉強のBGVで『イングロリアス・バスターズ』を久しぶりに観たら最後まで見てしまった&黒騎士Tシャツを60代のマッマに『あらーこれ素敵ねえ』と持っていかれたぐらいしかドイツに関わっていませんが張り切っていきますね(白目)

11月某日実施しました演習の模様をお届けします。



今回のスケジュール

【スケジュール】
11月7日(土)
1700時~0000時 夜間訓練終了
以降休憩





11月8日(日)
0800時 糧食配布
0900時 朝礼(教練ができる姿)
0930時 教練①
装備装具、身だしなみ確認等、基本教練、ライフルドリル、歩行
1030時 休憩・糧食配布
1100時 基本動作確認
1200時 昼休憩
1300時 教練②
攻撃、防御
1530時 終礼、片付け
1700時 撤収完了







【用意】
ドイツ国防軍装備一式(教練メイン)

【糧食】
8日朝
オートミール
コーヒー

8日昼
豆と肉のスープ

演習に参加された皆様、お疲れ様でした!

早いもので今年も残すところ1ヶ月ちょっとですがどんな年になりましたか?
本当に今年は色々ありましたね。

個人的にはこうやっていつも出来ていたことが出来なくなるということ、日常は当たり前ではないんだなぁと考えさせられました。
もっと一日に一日を大切にしていきたいですね。

そしてもっとブログ書きます(笑)
ブログはあまり更新されてないですが黒騎士中隊は日本列島に散らばって各自活動しておりますのでよろしくお願い致します!

Auf Wiedersehen!
(↑予測変換で出るぐらいはドイツびいきの九州支部です)


  

2020年07月20日

黒騎士中隊再始動!

戦友の皆様ご無沙汰してます!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。

当黒騎士中隊も7月1日から活動再開致しました。
(感染症予防の為、糧食の配布などを中止しております)

7月某日、フロントライン能勢さんにて
(いつもお世話になっております)

前日演習・キャンプ、翌日リアカン戦





ここをキャンプ地とする!





内容は基本教練、手榴弾投げ、ラバーナイフを使用した遊戯、シュカート…ってなんだ?兄ちゃん?と思ったのでドリフ大爆笑のノリで中隊長に聞いてみましたところ『そりゃおめートランプの2から6を抜いた32枚のトランプを使ったゲームだよ~』とのこと。
(Wikipediaにはスカートとあり、占いでお馴染みのタロットカードにも縁があるようで…)

頭いいな!兄ちゃん!と言ったところ、東海分隊のキーゼルさんに教えて頂いたとのことです。
(お会いしたことがないのでさんをつけてデコスケ野郎を回避します)
東海分隊の皆さん、遠路はるばるありがとうございます(・ x ・)



他にも沢山写真があるのですが検閲を通ったものだけをお出ししています。
個人的には感染予防の為に糧食の配布がないのが悲しい限りですが10年振りにリアカン戦でサバゲを楽しんだ方もいるのでよかったなぁと思います。

フィールドはオープンエアな環境ですが、昨今の状況を考えるとなかなかイベントやレジャーに踏み出せないところもありますよね。

皆さまには少しでも出来る範囲でよい夏を過ごして頂きたいですし、何卒お身体ご自愛くださいませ。

※熊本県を中心とする大雨による被害(令和二年七月豪雨災害)を受けられた方に中隊一同心よりお見舞い申し上げます。

文章/ウサギの黒紫貴

  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 21:47Comments(0)黒騎士中隊日誌遠征定期ゲーム

2020年04月04日

中隊長からのお知らせ

戦友の皆様ご無沙汰してます!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。



中隊からのお知らせです。

皆様ご承知の通り、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の集団感染防止の為に物販やゲームイベントも相次いで中止や延期となっております。

当黒騎士本隊の活動についても本日4月4日をもって万が一の事態に備え中隊主催のイベントや演習は企画・実施しないことが決定致しました。

しばらく皆様に会えないことは非常に残念ではありますが、今は各員と皆様の健康を最優先し、
事態が収束した頃に全員が無事に再会できるようにしたいと思う中隊長の判断です。

黒騎士中隊各員も感染拡大防止に最大限尽力するよう勤めて参ります。

尚、今後の活動予定については、社会情勢を鑑みて判断し、追って発信いたします。



心からあなたとあなたの大切な人たちの無事と生活が守られますように祈っています。

Auf Wiedersehen!

文章/ウサギの黒紫貴(原案/ハンス軍曹)  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 20:14Comments(0)黒騎士中隊日誌

2020年02月26日

2020年2月の演習報告です!

戦友の皆様ご無沙汰してます!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。

私事で大変恐縮ですが、昨年私の基地に破壊力抜群の戦車が来たので色々やってたらいつのまにか二月でした…もう言い訳する気力もないです(笑)

え!この状況で書けるブログってあるんですか?(保険会社のCM風に)と思ってくださったら多分頑張れます。
え?今、何時かっていうと夜中の2時です。安定の夜襲です。本当に(以下略)

まぁ去年書いたある回もガチのマジで病院のベッドで書いてましたし、我ながらあっ…(察し)な人だなぁと思いますがしばしお付き合い頂ければ幸いです。

早速、二月某日の活動報告を。



今回は雨天でのキャンプ&基本教練、行進、突撃要領の確認と訓練でした。







新しい隊員の方は初めての本隊での訓練参加で我々の雰囲気を掴んでくれたことと思います(当方現場不在の為、一部ハンス氏の通信から抜粋しました。ありがとうございます!)









※当ブログをご覧の方は『こいつ、食事の写真のキャプション以外は適当だな…』と思っていらっしゃると思いますがおっしゃる通りです。
あえて私が横からやいやい言わなくてもいいのかな?と思ってます。



個人的な推しショットはこの一枚!
ちょっと西部警察っぽいなとひっそり思ってます。

当方少なくとも5年以上中隊の演習に参加していませんが、色んなご縁とご声援を頂いてだいぶ遠いところまで来たなぁと思う次第です。

今回以降も色んなイベントに参加予定ですので見かけたら是非声をかけて下さい!

それから楽しく!本気で遊ぶために!
皆様何卒お身体ご自愛くださいね。
今日はこの辺で。Auf Wiedersehen!

  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 09:26Comments(0)黒騎士中隊日誌定期ゲーム

2019年12月11日

忘年会!

戦友の皆様、いかがお過ごしですか?

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます。

私事で大変恐縮ですが諸事情で野戦病院に入院していまして先週戻ってまいりました( ˘ω˘ ) スヤァ

突然の展開でえらい目にあいましたが、
帰宅してからの方が結構大変だった気はしますし、またひとつレベルアップした様な気もしますのでよろしくお願いします!

今回のご報告は先日某所で開催された小林源文先生を交えた黒騎士中隊の忘年会の模様をダイジェスト版でご紹介します。







私は参加出来なかったんですが、美味しいワインとジュースを提供してくださるというお店で尚且つ色々お気遣い頂いた様で…その節は本当にありがとうございました。



今年も小林源文先生にお越し頂きました!
小林源文先生、お忙しい中ありがとうございます!

私の友人が小林源文先生の劇画『ハッピータイガー』が好きで子どもの名前がパンツァーっぽくなったというエピソードがあります(あくまでも友人の話ですし、私もハッピータイガー大好きです!)

今年もあと二十日ですね!
皆様の一年の締めくくりが素晴らしいものになりますように!
それでは!Auf Wiedersehen!
  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 09:21Comments(0)黒騎士中隊日誌スピンオフ活動

2019年11月25日

FUBAR2019に参戦してきました!

戦友の皆様、いかがお過ごしでしょうか?

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます。

FUBAR2019 マルチ峠の戦いに参戦してきました!







詳細やレギュレーションはこちら↓

https://tokaifrontline.web.fc2.com/index.html









今回は私が野戦病院行きになったので参加のご報告
のみあげさせて頂きます。

↓今回のサービスショット



腹が減った…(孤独のグルメ風に)



参加の皆様、運営の皆様。
本当にありがとうございました!
またご縁がありましたらぜひよろしくお願いします。
再会の時まで壮健なれ!

文章/ウサギの黒紫貴
  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 08:21Comments(0)黒騎士中隊日誌遠征

2019年11月17日

WW2的欲張りセット オーヴァーロード

戦友の皆様、いかがお過ごしですか?

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます。

最近のリアルタイムの映画鑑賞は割引サービスという大人の事情も踏まえてもっぱら邦画ばかり…だったのでネタ探しにレンタルショップに行ってきました。

実は某映像提供サービスにも加入しているんですが、レンタルショップで勤務していたのもあって実際にパッケージを手に取って選びたいのもありますし、
いらん動画を見すぎて月末ファーーーーーーwwwwwwwとなっているのもあります(今、諸事情でWiFi導入が出来ないので辛いです)

今回の作品は劇場公開から気になっていた映画なんですがタイミングが合わず、
やっとレンタルで見る機会があったので独断と偏見でご紹介したいと思います。

(以下はあくまでも私の主観で個人的な感想です)





『オーヴァーロード』
(2018年 アメリカ合衆国)

オフィシャルサイト
https://overlordmovie.jp/sp/

ノルマンディー上陸作戦が開始された直後、第101空挺師団は同地の通信網を破壊するべく敵地へと乗り込んだ。
部隊が散り散りになりつつも、生き残った者たちで目的地に到着した一行はいままで見たことない敵に遭遇する…

.*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*.

…個人的な感想ですが、
みんなが好きな戦争アクションとゾンビ&クリーチャー映画を混ぜたいわゆる欲張りセットでした。
こう書くといかにも『混ぜるな危険』になりそうな空気感満載ですし、あっ…(察し)の作品も多々ありました(作品名はご想像にお任せします)

…が、この作品は戦闘シーンは迫力あるしホラーなところはしっかりホラーでメリハリがあって思ったより楽しめました!

冒頭の降下シーンやアクションを見ると『スターウォーズシリーズ』『MIシリーズ』などに携わったJ.J.エイブラムスが制作というだけあるな~という迫力です。

あとクリーチャーが手強いのがよかったですね(全然退治出来ませんw)そしてヒロインも強い!

でもドイツ軍の悪の表現がテンプレな感じでちょっと残念でしたが…まぁそれがないとこの映画自体成り立たないと思うので(NSドイツの秘密の研究が全ての原因なので)

個人的にメインキャラクターがハリウッドあるあるなお人好し過ぎて『いらんことすなー!』と血圧がオーヴァーしそうになりましたが、
敵も味方もキャラクターも立ってて感情移入しやすかった気がします。

それからちゃんと空挺師団が『カラヒー!』って言っててちょっとテンション上がりました( ˘ω˘ ) スヤァ

以上、今回はウサギの黒紫貴がお伝えしました!

それではまたお会いしましょう!
Auf Wiedersehen!
  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 18:37Comments(0)NSドイツな映画観賞

2019年11月05日

久しぶりにやる気出して映画見てみた件

戦友の皆様、いかがお過ごしでしょうか?

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます。

今日は近シーズンで一番の冷え込みみたいですね。
暖かくしてお過ごしくださいね!

そういえば先日久しぶりに中隊長と通信がつながったので世間話をする機会があったんです( ´ω` )
その際『みんな(中隊メンバー)元気?』と聞いたんですが、『はえーみんな色々変わりつつあるんだねー』とびっくりした次第です。
(心から祝福とご多幸をお祈りしています)

まぁ私がベルリンから離れて5年経ちますから当たり前なんですよね~ヽ( ´ ▽ ` )ノ
私でさえも住まいが2回変わってますからね。

心情としてはなんだか映画のエンドロールで字幕などでよく戦場から帰った兵士の後日談とかその後の展開が流れてきたイメージです。

そういえばこの戦闘日誌でも映画に関してちょいちょい書いていたんですが、今考えたら色々(あかん方で)すげーなと思います(笑)
最近は仕事中に流しっぱなしか、リアルタイム鑑賞はもっぱら邦画ばかりです。

今回は個人的な休みがやっと取れたので数本映画を見る機会を作ることが出来ました。
私の独断と偏見でご紹介したいと思います。
(あくまでも私の主観で個人的な感想です)




『フューリー』(2014年公開)

1945年4月、ナチス・ドイツに最後の攻勢を仕掛けようとしている連合軍に第2機甲師団第66機甲連隊にドン・「ウォーダディー」・コリアーが車長を務めるM4A3E8 シャーマン『フューリー』号と3名の兵士が所属していた。
ある日、ウォーダディーの部隊に新兵が加わることになり…

.*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*.

今更かよ…と言われそうですがやっと観ることが出来ました!

個人的な感想ですが『ブラピじゃなくて戦車を見る映画』という噂を聞いていましたが、
それでもブラピはかっこよかったと思います(セブンとかファイトクラブらへんからのファンです)

ブラピは『イングロリアス・バスターズ』でも主役だったんですが…クリストフ・ヴァルツ(ランダ大佐役)があっ…(察し)だったので。

最近、鉄分(戦車的な)が足りていない人にはいいとは思いますが、もう少しガッツリ戦車戦車していてもよかったかもしれません。

※Wikipediaによると撮影で使用されたのはシャーマン M4A2E8のようです。




『ミケランジェロ・プロジェクト』(2014年公開)

第二次世界大戦時にヒトラーによって重要な美術品や文化財が破壊される前に救出をこころみる連合軍の特殊部隊『モニュメンツ・マン』の活躍を描く物語。

*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*.

なんとなく録画して仕事のBGM代わりに流して観ていたらいつの間にかガッツリ観ていた作品。

個人的な感想ですが私の中のサブタイトルは『スカッと連合軍 2時間スペシャル』という感じの雰囲気です。
キャストも豪華ですしね!

バッチバチの戦闘シーンが好きな人は多分物足りないと思いますが、
『知恵と勇気で頑張る』雰囲気が好きな人は好きだと思います。色々な形の『戦い』があるんだなぁと考えさせられました。

美術品が沢山出てくるのでそれだけでも楽しいですし、スケールの大きな『ミケランジェロの暗号』という感じでした。



番外編

『帰ってきたヒトラー』(2016年公開)

ヒトラーが現代に蘇り、モノマネ芸人として大スターになるというドイツのベストセラー小説の映画化。

1945年の自殺直前の記憶を失った状態で空き地で目を覚ましたアドルフ・ヒトラーは、情報を得る為に立ち寄った売店で自分がいる時代が2011年のベルリンであることに気づき衝撃を受ける。

生活の糧を得るために仕方なく売店で働き始めたヒトラーだったがスカウトを受けコメディアンとしてトーク番組に出演し、
またパソコンの使い方を習いインターネットを通して情報を得て現代に適応していく。

.*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*..*・゚ .゚・*.

あんまり二次戦というカテゴリではないかもしれませんし賛否両論あるかと思いますが、

個人的には観ているうちに『ヒェッ…』となったので書き残したいと思います(この作品の原作がドイツというのも衝撃でしたし)
最初は笑って見てましたが、終盤は『世にも奇妙な物語』的な展開でした。
(まぁヒトラーがタイムスリップしてきた話というだけで色々なifがあるんでしょうし)

最近は邦画しか見ていなかったので久しぶりに洋画&二次戦絡みの映画を観ましたが、
よく考えたら連合軍よりの映画ばかりだったので次はちょっと趣向を変えていこうと思います。

それでは再会の時まで
Auf Wiedersehen!

文章  / ウサギの黒紫貴  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 07:35Comments(0)黒騎士中隊日誌NSドイツな映画観賞

2019年11月01日

2019年10月 演習のご報告です!

戦友の皆様、だいぶご無沙汰してました。
いかがお過ごしでしょうか?

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます。

まず、今年の台風や大雨で被災された皆様、ご家族様にお見舞い申し上げます。
中隊員一同、一日も早く心休まる日が訪れますように祈っております。

それから中隊の活動に関してですが、
毎月定期的に中隊の活動は行っています。

決して秘密主義というわけでなく、ただただ私の都合でリアルタイム更新が出来てないだけなので…申し訳ありません。

10/6 定期演習

基本教練の模様です。






やっとウールでも(という言い方は怒られそうですが…)過ごしやすくなってきましたね。

今年も残すところあと2ヶ月ですが、なるべく更新していきますので何卒お付き合いくださいね!

それでは今日はこの辺で…
Auf Wiedersehen

文章 / ウサギの黒紫貴
  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 15:41Comments(0)黒騎士中隊日誌定期ゲーム

2019年05月29日

2019年5月、演習のご報告です!

戦友の皆様、お久しぶりですヽ(・∀・)ノ

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます/(・x・)\
暑い日が続いてますがいかがお過ごしでしょうか?

当方は九州某所住まいですが既にクーラーと扇風機を稼働せざる得ない感じです。
いやー年々暑くなりますね!くれぐれもお身体にお気をつけてくださいね。

それでは中隊の活動のご紹介です。

5月某日、某所で演習を行いました!
今回のテーマは夜間での基本行動や空気感を味わうためということです!



今回の演習はハンス軍曹立案・指揮のようです。



中隊テント設営完了!



待機壕もあります。



朝食はドイツ式ハッピーセット

ソーセージ、茹でじゃがいも
ザワークラウト(おかわり自由)です。



上記のハッピーセット以外にも
カロリー維持の為、レーションの支給も。



夜間の部。もちろん歩哨も実施。

中隊内の機密の為、あまり詳しいことは言えませんが、今回は防衛戦を想定した演習とのことでした。

なかなか夜間の演習を実施することは難しいと思いますが誰一人死者及び負傷者を出すことなく終わったことが一番の戦果だと思います。

6月も演習を予定しています。
大きなイベントとしては大阪ショットショーも来ますしね!
また随時ご報告していく次第です。

それでは皆様、またお逢い出来る日を楽しみにしています。
Auf Wiedersehen!




文章/ウサギの黒紫貴

  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 18:56Comments(0)黒騎士中隊日誌定期ゲーム

2019年05月09日

ヒスサバウエストに参戦致しました!

戦友の皆様、お久しぶりですヽ(・∀・)ノ

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます/(・x・)\


ご無沙汰している間に新しい時代が幕を開け、ご紹介したい中隊の活動のご報告も沢山あるのですが…なかなかこちらでご報告に至らず申し訳ありません。

個人的にはいずれかのフィールドで、イベントで黒騎士中隊が参加していることが一番の活動報告になっていることと思いますが、頑張って更新していきたいですし、精進して参ります。

2019年5月3日、和歌山県橋本市のBattleLand-1様にて開催されたWW2サバイバルゲームイベント「第18回His-Surva WEST(ヒスサバウエスト=HSW-18)」に黒騎士中隊が参戦致しました!

http://www.his-event-kansai.com/index.html


中隊の集合写真①です。
よく考えたら令和初になりますね。


中隊の集合写真②です。
私が活動していたのは本当に初期の頃なのですが、落ち着いたらまた参戦したいです。


こんな拙いブログですが更新の際には毎回中隊長にヒアリングをしています。
中隊長曰く『戦車に乗れて楽しかった』と小学生の夏休み的なコメントを頂きました( ˘ω˘ ) スヤァ


そもそも戦車が楽しくないわけないんですよね!
私も乗りたいです。


瞬間を切り取った感じがして好きな一枚です。

関西ヒストリカルイベント運営事務局様、関係者の皆様、参加者&見学の皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。

おかげさまで黒騎士中隊も平成から令和へ新しい時代の幕開けを迎えることが出来ました。

そして私を含めてメンバーそれぞれの人生の分岐点を迎えてもなお黒騎士中隊と何らかの形で繋がっているのには感慨深いものがあります。

それぞれの理由で戦う為にこのように集まるイベントがあって本当によかったと思います。
我々黒騎士中隊も微力ですが出来る限り盛り上げていきたいと思います。

それではまた再会の時まで!
Auf Wiedersehen(U 'ᴗ' U)

文章/ウサギの黒紫貴
  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 18:58Comments(0)

2019年01月10日

オストフロントレポート【ハンス軍曹の戦闘日誌】

あけましておめでとうございます。
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』、ウサギの黒紫貴でございます(・ x ・)
今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

早速ですが、昨年12月に戦闘中に行方不明になったハンス軍曹の手帳が発見されたらしく、本国より届いていますので掲載したいと思います。

(適切でない表現などがあるかもしれませんが、本人の意図を尊重させてそのまま掲載させていただきます)

↓手記に挟まれていた写真が一枚だけありました。




第2中隊第2小隊第1分隊長HansRibbe

●1944年4月11日 雨
大隊はシンフェロポリ北方のHugel-A〜B北縁を防衛中。

「12日0800時よりセヴァストポリへ後退する連隊を援護する。また我が小隊は重機関銃中隊第1小隊第2分隊の配属を受ける」

小隊長より今回の作戦の概要を聞くことができた。
つまり今回の作戦は、連隊のシンガリとして命を掛けて敵の進行を遅らせることが目的だ。

後退に継ぐ後退で兵も疲弊している。緊要地の拠点となれば、もし敵が攻撃して来れば我々は生きて帰れないかも知れない。

0955時
防衛拠点周辺の整備を行う。小雨の降る中ただただドラム缶を運ぶ作業が続く。

1105時
小隊長と共に概成させる陣地の配置を確認する。
向かって左翼から1分隊、MG分隊、2分隊、3分隊で構成。火網に沿って障害(鉄条網)を設置することを確認する。

1240時
ツェルトバーンを着用した上で分隊毎に広場に集結し陣地構築を開始する。
しかし、この段階で輸送トラブルから2,3,MG分隊の人員が揃わず、1分隊員を他の分隊に回し作業を行うこととなる。

鉄条網構築は小隊長の指示で行われる。

塹壕構築は各分隊長の指示のもと構築する。

塹壕構築については、本日中に各分隊で機関銃陣地1つを概成させることとなった(重機による協力があり、深さ150㎝もの過酷な穴堀りは15分程度で終了した)。

銃眼や脱出用足掛けは手掘りで作成した。

また、25枚の土嚢袋を使用し壕を増強、敵方から目立たないよう土嚢の表面に土を盛り、周りの草木を偽装に使用した。後方の斜面と盛り土の間を待避所とした。

偽装に関しては草の向きや量が周りと不釣り合いで手直しに苦戦したが、1530時には概成した。

1600時
雨も止み中隊本部を設置することとなった為、隊員よりツェルトバーンを回収。16枚テントを設営する。

1840時
作戦の命令下達。現在の状況や作戦の目的を確認する。全ての行動の基となる部分である為、頭に叩き込む。
その後分隊で明日の行動内容を確認する。秘蔵のシュトーレンを分隊員で分けてクリスマス気分を味わいながら明日の成功を祈った。

隊の仲間は家族のようなものだ。何としても生き延びて故郷に帰りたい。

(数行に家族や恋人のことが書かれているようです)

●1944年4月12日 曇り
0500時
気温は大きく下がることはなかったが、昨日の雨によるぬかるみが多く、足先は濡れて冷たい。
分隊員の体調は問題ないことを確認。
その後朝食を受領。オートミールとコーヒー。「温かさ」は最高の調味料であることを再確認した。

0845時
集合し、編成完結式。各隊員の装具点検を実施した。他分隊で私語があった点、自分の注意不足と分隊間の連携不足を実感した。

即席で集まった部隊であることによりお互いに声が掛けにくい環境となっていた点は配慮するべきであった。次回以降注意したい。

装備を整え昼の糧食を受領し、各壕へ移動する。

移動後は各隊員の配置を確認し、副分隊長に小銃班の完了を命じる。交代で前方の警戒行わせ、異常があれば逐一報告させた。
1015時より戦闘外哨に向かうよう小隊長より命令を受ける。

私と立候補者のコワルスキー、ディーター、バルトの4名で目的地まで向かう。現地に到着しハンス班コワルスキー班で谷を挟み左右に分かれ想定される敵の進路を十字砲火できるよう配置した。

敵の戦力、発砲のタイミングの共有はハンドシグナルでやり取りすることにした。
そして、それぞれの配置に着いた直後前方より数名の足音が聞こえ緊張が走った。
赤軍の斥候であることを確認。

どうやらこちらにはまだ気付いてない様子。
3名を目視確認。

まだ発砲しないことをコワルスキーに伝える。
敵は緊張した顔付きで我々に悟られまいと相互に音もなく前進している。

ついに距離は10メートルを切り、全員の有効射程に入ったことを確認した。
私の「フォイヤ」の指示で2班は一斉射撃、敵は反撃する隙なく倒れた。
敵の驚いた表情が目に焼き付いて離れない。
敵1名は従軍カメラマンだったようだが、彼は銃弾を浴びながらも幸運にも逃げ出したようだった。

すぐに敵数名が倒れた味方の回収に来た。
こちらの場所は悟られていなかったこと、目視では2名だったことから、充分に引き寄せて再度攻撃した。
応戦される前にハンス班を20メートル程後退させ様子を見ることにした。

しばらくし、敵1個分隊の前進を確認。対岸のコワルスキー班を攻撃する様子であったが、直ぐに後退させた場合、敵に味方陣地の位置を晒す危険性があった。

そのまま可能な限り敵を引き寄せて、ハンス班で攻撃し、敵が体勢を整える間に離脱することにした。

(ハンドシグナルでは詳しく伝えることが出来なかった事、自分を責める言葉が殴り書きで書かれています)

敵がゆっくりと前進を開始。コワルスキーとバルトが即座に応戦しコワルスキーが負傷してしまった。
そのまま予定通り敵がハンス班の目下に出てきた所で射撃を加え、怯んだ隙にコワルスキー班を後退させた。

後退が完了したことを確認し、ハンス班も後退、塹壕まで戻り小隊長に状況を報告した。

限られた火力で敵の進行を遅らせることに貢献出来たが、自分の力不足でコワルスキーを負傷させ、全員を危険な目に会わせてしまったことは非常に悔やまれる。

(殴り書きがあるもの解読不可)

1040時
戻った陣地では既に一部で戦闘が行われており、緊張が走っていた。
待機していた隊員から情報を引き継ぎ、陣地防衛を行う。敵の斥候が何度となく障害の偵察に現れ、小銃班で迎撃を行った。

1115時頃
敵の砲撃と共に障害付近に煙幕が焚かれた。ついに鉄条網を破壊するのだ。
1と3分隊の火網が交わる部分をワイヤーカッターで破壊を試みる姿を確認。
敵はMG分隊に気を取られ、こちらの存在に気付いてない様子だった。

1個分隊での進撃を確認したため、MGにて迎撃するが、幾度となく敵が押し寄せ、ついに鉄条網は破壊されてしまった。

1140時
辺りは静けさを取り戻した。分隊員には交代で食事と休憩を取らせた。前方警戒中に居眠りする隊員や、壕に小銃を残してトイレに行く隊員がいた為、厳重注意した。極度の疲労や練度の不足が見受けられた。

もしかするとこの作戦は失敗するかも知れない。もしそうなった時、生き残って降伏したとしても正当に捕虜として扱われることはないだろう。

(数行に渡って故郷の話や家族や恋人?などの話?)

隊員達に「もしも」の話をしておく。

(改めて赤軍と戦うことになったことを後悔したことが書かれているようですが解読不可)

1300時
敵の攻撃が始まる。砲撃が始まり、2、3分隊の方へ砲撃が集中する。

破壊された鉄条網付近に敵の動きあり。
恐らく敵は右翼部分の突破を狙っている。

砲撃が止み敵の第一波が突撃を行うが2、3、MG分隊が健闘し敵は後退する。
その後小隊長より2分隊の応援に向かうよう伝令を受ける。

分隊員を引き連れ2分隊と合流。2、3分隊は幾度となる砲撃で被害を受けていた。
破壊された鉄条網に向けてMGを設置、正面の守りを固め応戦の準備を整える。

再度敵の砲撃が始まる。
ただ低く伏せてやり過ごすしかない。
近隣に砲弾が何発も着弾する。
この恐怖の時間はとても長く感じた。

砲撃が止んだ頃には、周りに多くの負傷者が出ていた。
まずはMGが使用できることを確認。しかし、その他の損害状況を確認する時には敵の突撃が開始されていた。

出来うる限り必死に抵抗するも敵は丘を上がり、陣地内に侵入した。
横向きに対して隠れる場所がない丘の上にいる我々は、なだれ込んだ敵にとってただの的に過ぎなかった。
銃撃を受けて分隊は壊滅し私は倒れた。

敵は次々と陣地を蹂躙していく。

小隊長がいるはずのMG分隊壕にも敵の姿が見える。

もう戦うことも逃げることも出来なかった。

(殴り書き)

周りでは負傷者や降伏する者が次々に殺されていく、正に地獄の光景が広がっていた。

ついに私の前にも敵がやって来た。

死を前にして急に肩の荷が降りた気がした。

これだけは言える。

戦争はク⚫ッタレだ。

(この後は神への祈りなどが書かれているようですが損傷が酷く解読不可)

…以上がハンス軍曹の手記ですが、
現在ハンス軍曹以下立候補者のコワルスキー、ディーター、バルトの4名は今だに行方不明のようです。

ハンス軍曹には8年前に本国にいた際に多少面識があるのですが、こんな形でまた接点があるとは思いませんでした。

今繋がっている仲間がいつまでも隣にいるとは限らないし、いつか向かい合う時があるかもしれない。

それからいつ大事な人を無くし、つないだ手を離すことになるかもわからない。

だから出来るだけ大事な人達と日々楽しく過ごすしかないなぁと思います。

新年早々、しんみりそんなことを考えてみましたが結論は中隊長的に言うと『生きていることがサバイバル!全力で遊べ!本気で遊べ!』だと言うことだと思います(笑)

改めまして、今年もよろしくお願い致します。
それでは皆様、お元気で!
Auf Wiedersehen!
  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 20:43Comments(0)黒騎士中隊日誌ざ・オストフロント

2018年12月25日

オストフロントの御礼&今年の感謝

戦友の皆様、ご無沙汰しております!
きっと素敵なクリスマスをお過ごしのことと思います(ノ*°▽°)ノ

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます/(・x・)\




12月22日・23日の両日、
WW2独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944 ~グナイゼナウラインの攻防」に参戦しました!

http://his-event-kansai.com/ost/

関係者の皆々様、ありがとうございます!

関西ヒストリカルイベント運営事務局の皆様、本当にありがとうございます。
(個人的な参加や事前告知など出来なくて申し訳ありません)

今回の経験もご縁もきっと財産になると思います。
素晴らしい機会を与えていただき、心から感謝致します。

今年も残すところあと一週間。
皆様の平成最後の年はどんな年になりましたか?

黒騎士中隊が出来たのは私が30歳になった年ですが、今はそろそろ40歳の声が聞こえてきました。

(えーっと、中隊長は確か…おっと、誰か来たようだ)

この数年、住む場所やライフスタイル、社会的な立場が変わってチームに関わる形や時間も変わって来ました。

多分チームのみんなもそうだし、この業界の皆さんそうでしょう。

進学や就職、結婚など…始めたころに比べたら遠くに来たように感じるのかもしれません。

それでも年号が変わっても自分を取り巻く環境が変わっても、変わらない場所が作れたらいいし、
一時的に離れても帰ってこれるところがあるのは素敵なことですよね。

好きなことや楽しいことは関わる形や時間を変えても続けられるといいな~と思っています。

来年もよろしくお願いします!





それでは皆様、また来年お会い出来ますように!再会の時まで壮健なれ( ̄▽ ̄)

Auf Wiedersehen!

追記→今後の個人的な目標(妄想)は、
ワイの子にワイが使っていた装備を譲渡して親子共演の金字塔『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』的な新しいサーガを紡ぎたいので頑張ります。
(よくあるパターンですがラスボスは中隊長にお願いしようと思います)
  

2018年11月22日

11月の教練会開催

戦友の皆様、ご無沙汰しておりますヽ(・∀・)ノ

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます/(・x・)\

今年もあと1ヶ月ちょっとですが皆様も徐々に年の瀬が全力で近づいてくるのをひしひしと感じていらっしゃるのでは?

かく言う私もこのブログを更新する為に朝7時から必死こいて仕事してますが(本当です。嘘じゃないんです)

不思議なものでそういう時に限って予定外の仕事が来るんですよね(´;ω;`)

忙しい時ほど慌てず急がず騒がず、ルーティンで心をフラットにしなければ…と思います( ー`дー´)キリッ

さて活動内容の報告ですが、
11月某日、黒騎士中隊のルーティンと言えなくもない『教練会』を開催しました。





傾注!













今回?は糧食画像多めです(写真の選定は私なので毎回ついつい食べ物関係は多くいれてしまいます)




もぐもぐタイム



任務は簡単、取って守るだけ…か






個人的な感想ですが、黒騎士中隊設立島嶼から参加させて頂いております私ですが毎回『SUGEEEEEEE』となってます。
設立当初からしたら備品や糧食なども充実してきたし、何より本当にこういった雰囲気が好きな人が集まってきたな…と感じてます。

それから、なんとなく久しぶりに『カンプグルッペzbv』を読みたくなったので探してみます。
ちなみに昔の仕事用のメールアドレスが『zbv』から始まるものにした覚えがあります。

疲れが出やすいこの時期、皆様も死んでから休む前にゆっくりとお風呂に入って暖かくお過ごしくださいね。

それでは今日はこのあたりで…
Auf Wiedersehen
  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 18:02Comments(0)黒騎士中隊日誌定期ゲーム