QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2019年01月10日

オストフロントレポート【ハンス軍曹の戦闘日誌】

あけましておめでとうございます。
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』、ウサギの黒紫貴でございます(・ x ・)
今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m

早速ですが、昨年12月に戦闘中に行方不明になったハンス軍曹の手帳が発見されたらしく、本国より届いていますので掲載したいと思います。

(適切でない表現などがあるかもしれませんが、本人の意図を尊重させてそのまま掲載させていただきます)

↓手記に挟まれていた写真が一枚だけありました。




第2中隊第2小隊第1分隊長HansRibbe

●1944年4月11日 雨
大隊はシンフェロポリ北方のHugel-A〜B北縁を防衛中。

「12日0800時よりセヴァストポリへ後退する連隊を援護する。また我が小隊は重機関銃中隊第1小隊第2分隊の配属を受ける」

小隊長より今回の作戦の概要を聞くことができた。
つまり今回の作戦は、連隊のシンガリとして命を掛けて敵の進行を遅らせることが目的だ。

後退に継ぐ後退で兵も疲弊している。緊要地の拠点となれば、もし敵が攻撃して来れば我々は生きて帰れないかも知れない。

0955時
防衛拠点周辺の整備を行う。小雨の降る中ただただドラム缶を運ぶ作業が続く。

1105時
小隊長と共に概成させる陣地の配置を確認する。
向かって左翼から1分隊、MG分隊、2分隊、3分隊で構成。火網に沿って障害(鉄条網)を設置することを確認する。

1240時
ツェルトバーンを着用した上で分隊毎に広場に集結し陣地構築を開始する。
しかし、この段階で輸送トラブルから2,3,MG分隊の人員が揃わず、1分隊員を他の分隊に回し作業を行うこととなる。

鉄条網構築は小隊長の指示で行われる。

塹壕構築は各分隊長の指示のもと構築する。

塹壕構築については、本日中に各分隊で機関銃陣地1つを概成させることとなった(重機による協力があり、深さ150㎝もの過酷な穴堀りは15分程度で終了した)。

銃眼や脱出用足掛けは手掘りで作成した。

また、25枚の土嚢袋を使用し壕を増強、敵方から目立たないよう土嚢の表面に土を盛り、周りの草木を偽装に使用した。後方の斜面と盛り土の間を待避所とした。

偽装に関しては草の向きや量が周りと不釣り合いで手直しに苦戦したが、1530時には概成した。

1600時
雨も止み中隊本部を設置することとなった為、隊員よりツェルトバーンを回収。16枚テントを設営する。

1840時
作戦の命令下達。現在の状況や作戦の目的を確認する。全ての行動の基となる部分である為、頭に叩き込む。
その後分隊で明日の行動内容を確認する。秘蔵のシュトーレンを分隊員で分けてクリスマス気分を味わいながら明日の成功を祈った。

隊の仲間は家族のようなものだ。何としても生き延びて故郷に帰りたい。

(数行に家族や恋人のことが書かれているようです)

●1944年4月12日 曇り
0500時
気温は大きく下がることはなかったが、昨日の雨によるぬかるみが多く、足先は濡れて冷たい。
分隊員の体調は問題ないことを確認。
その後朝食を受領。オートミールとコーヒー。「温かさ」は最高の調味料であることを再確認した。

0845時
集合し、編成完結式。各隊員の装具点検を実施した。他分隊で私語があった点、自分の注意不足と分隊間の連携不足を実感した。

即席で集まった部隊であることによりお互いに声が掛けにくい環境となっていた点は配慮するべきであった。次回以降注意したい。

装備を整え昼の糧食を受領し、各壕へ移動する。

移動後は各隊員の配置を確認し、副分隊長に小銃班の完了を命じる。交代で前方の警戒行わせ、異常があれば逐一報告させた。
1015時より戦闘外哨に向かうよう小隊長より命令を受ける。

私と立候補者のコワルスキー、ディーター、バルトの4名で目的地まで向かう。現地に到着しハンス班コワルスキー班で谷を挟み左右に分かれ想定される敵の進路を十字砲火できるよう配置した。

敵の戦力、発砲のタイミングの共有はハンドシグナルでやり取りすることにした。
そして、それぞれの配置に着いた直後前方より数名の足音が聞こえ緊張が走った。
赤軍の斥候であることを確認。

どうやらこちらにはまだ気付いてない様子。
3名を目視確認。

まだ発砲しないことをコワルスキーに伝える。
敵は緊張した顔付きで我々に悟られまいと相互に音もなく前進している。

ついに距離は10メートルを切り、全員の有効射程に入ったことを確認した。
私の「フォイヤ」の指示で2班は一斉射撃、敵は反撃する隙なく倒れた。
敵の驚いた表情が目に焼き付いて離れない。
敵1名は従軍カメラマンだったようだが、彼は銃弾を浴びながらも幸運にも逃げ出したようだった。

すぐに敵数名が倒れた味方の回収に来た。
こちらの場所は悟られていなかったこと、目視では2名だったことから、充分に引き寄せて再度攻撃した。
応戦される前にハンス班を20メートル程後退させ様子を見ることにした。

しばらくし、敵1個分隊の前進を確認。対岸のコワルスキー班を攻撃する様子であったが、直ぐに後退させた場合、敵に味方陣地の位置を晒す危険性があった。

そのまま可能な限り敵を引き寄せて、ハンス班で攻撃し、敵が体勢を整える間に離脱することにした。

(ハンドシグナルでは詳しく伝えることが出来なかった事、自分を責める言葉が殴り書きで書かれています)

敵がゆっくりと前進を開始。コワルスキーとバルトが即座に応戦しコワルスキーが負傷してしまった。
そのまま予定通り敵がハンス班の目下に出てきた所で射撃を加え、怯んだ隙にコワルスキー班を後退させた。

後退が完了したことを確認し、ハンス班も後退、塹壕まで戻り小隊長に状況を報告した。

限られた火力で敵の進行を遅らせることに貢献出来たが、自分の力不足でコワルスキーを負傷させ、全員を危険な目に会わせてしまったことは非常に悔やまれる。

(殴り書きがあるもの解読不可)

1040時
戻った陣地では既に一部で戦闘が行われており、緊張が走っていた。
待機していた隊員から情報を引き継ぎ、陣地防衛を行う。敵の斥候が何度となく障害の偵察に現れ、小銃班で迎撃を行った。

1115時頃
敵の砲撃と共に障害付近に煙幕が焚かれた。ついに鉄条網を破壊するのだ。
1と3分隊の火網が交わる部分をワイヤーカッターで破壊を試みる姿を確認。
敵はMG分隊に気を取られ、こちらの存在に気付いてない様子だった。

1個分隊での進撃を確認したため、MGにて迎撃するが、幾度となく敵が押し寄せ、ついに鉄条網は破壊されてしまった。

1140時
辺りは静けさを取り戻した。分隊員には交代で食事と休憩を取らせた。前方警戒中に居眠りする隊員や、壕に小銃を残してトイレに行く隊員がいた為、厳重注意した。極度の疲労や練度の不足が見受けられた。

もしかするとこの作戦は失敗するかも知れない。もしそうなった時、生き残って降伏したとしても正当に捕虜として扱われることはないだろう。

(数行に渡って故郷の話や家族や恋人?などの話?)

隊員達に「もしも」の話をしておく。

(改めて赤軍と戦うことになったことを後悔したことが書かれているようですが解読不可)

1300時
敵の攻撃が始まる。砲撃が始まり、2、3分隊の方へ砲撃が集中する。

破壊された鉄条網付近に敵の動きあり。
恐らく敵は右翼部分の突破を狙っている。

砲撃が止み敵の第一波が突撃を行うが2、3、MG分隊が健闘し敵は後退する。
その後小隊長より2分隊の応援に向かうよう伝令を受ける。

分隊員を引き連れ2分隊と合流。2、3分隊は幾度となる砲撃で被害を受けていた。
破壊された鉄条網に向けてMGを設置、正面の守りを固め応戦の準備を整える。

再度敵の砲撃が始まる。
ただ低く伏せてやり過ごすしかない。
近隣に砲弾が何発も着弾する。
この恐怖の時間はとても長く感じた。

砲撃が止んだ頃には、周りに多くの負傷者が出ていた。
まずはMGが使用できることを確認。しかし、その他の損害状況を確認する時には敵の突撃が開始されていた。

出来うる限り必死に抵抗するも敵は丘を上がり、陣地内に侵入した。
横向きに対して隠れる場所がない丘の上にいる我々は、なだれ込んだ敵にとってただの的に過ぎなかった。
銃撃を受けて分隊は壊滅し私は倒れた。

敵は次々と陣地を蹂躙していく。

小隊長がいるはずのMG分隊壕にも敵の姿が見える。

もう戦うことも逃げることも出来なかった。

(殴り書き)

周りでは負傷者や降伏する者が次々に殺されていく、正に地獄の光景が広がっていた。

ついに私の前にも敵がやって来た。

死を前にして急に肩の荷が降りた気がした。

これだけは言える。

戦争はク⚫ッタレだ。

(この後は神への祈りなどが書かれているようですが損傷が酷く解読不可)

…以上がハンス軍曹の手記ですが、
現在ハンス軍曹以下立候補者のコワルスキー、ディーター、バルトの4名は今だに行方不明のようです。

ハンス軍曹には8年前に本国にいた際に多少面識があるのですが、こんな形でまた接点があるとは思いませんでした。

今繋がっている仲間がいつまでも隣にいるとは限らないし、いつか向かい合う時があるかもしれない。

それからいつ大事な人を無くし、つないだ手を離すことになるかもわからない。

だから出来るだけ大事な人達と日々楽しく過ごすしかないなぁと思います。

新年早々、しんみりそんなことを考えてみましたが結論は中隊長的に言うと『生きていることがサバイバル!全力で遊べ!本気で遊べ!』だと言うことだと思います(笑)

改めまして、今年もよろしくお願い致します。
それでは皆様、お元気で!
Auf Wiedersehen!
  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 20:43Comments(0)黒騎士中隊日誌ざ・オストフロント

2018年12月25日

オストフロントの御礼&今年の感謝

戦友の皆様、ご無沙汰しております!
きっと素敵なクリスマスをお過ごしのことと思います(ノ*°▽°)ノ

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます/(・x・)\




12月22日・23日の両日、
WW2独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944 ~グナイゼナウラインの攻防」に参戦しました!

http://his-event-kansai.com/ost/

関係者の皆々様、ありがとうございます!

関西ヒストリカルイベント運営事務局の皆様、本当にありがとうございます。
(個人的な参加や事前告知など出来なくて申し訳ありません)

今回の経験もご縁もきっと財産になると思います。
素晴らしい機会を与えていただき、心から感謝致します。

今年も残すところあと一週間。
皆様の平成最後の年はどんな年になりましたか?

黒騎士中隊が出来たのは私が30歳になった年ですが、今はそろそろ40歳の声が聞こえてきました。

(えーっと、中隊長は確か…おっと、誰か来たようだ)

この数年、住む場所やライフスタイル、社会的な立場が変わってチームに関わる形や時間も変わって来ました。

多分チームのみんなもそうだし、この業界の皆さんそうでしょう。

進学や就職、結婚など…始めたころに比べたら遠くに来たように感じるのかもしれません。

それでも年号が変わっても自分を取り巻く環境が変わっても、変わらない場所が作れたらいいし、
一時的に離れても帰ってこれるところがあるのは素敵なことですよね。

好きなことや楽しいことは関わる形や時間を変えても続けられるといいな~と思っています。

来年もよろしくお願いします!





それでは皆様、また来年お会い出来ますように!再会の時まで壮健なれ( ̄▽ ̄)

Auf Wiedersehen!

追記→今後の個人的な目標(妄想)は、
ワイの子にワイが使っていた装備を譲渡して親子共演の金字塔『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』的な新しいサーガを紡ぎたいので頑張ります。
(よくあるパターンですがラスボスは中隊長にお願いしようと思います)
  

2018年11月22日

11月の教練会開催

戦友の皆様、ご無沙汰しておりますヽ(・∀・)ノ

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます/(・x・)\

今年もあと1ヶ月ちょっとですが皆様も徐々に年の瀬が全力で近づいてくるのをひしひしと感じていらっしゃるのでは?

かく言う私もこのブログを更新する為に朝7時から必死こいて仕事してますが(本当です。嘘じゃないんです)

不思議なものでそういう時に限って予定外の仕事が来るんですよね(´;ω;`)

忙しい時ほど慌てず急がず騒がず、ルーティンで心をフラットにしなければ…と思います( ー`дー´)キリッ

さて活動内容の報告ですが、
11月某日、黒騎士中隊のルーティンと言えなくもない『教練会』を開催しました。





傾注!













今回?は糧食画像多めです(写真の選定は私なので毎回ついつい食べ物関係は多くいれてしまいます)




もぐもぐタイム



任務は簡単、取って守るだけ…か






個人的な感想ですが、黒騎士中隊設立島嶼から参加させて頂いております私ですが毎回『SUGEEEEEEE』となってます。
設立当初からしたら備品や糧食なども充実してきたし、何より本当にこういった雰囲気が好きな人が集まってきたな…と感じてます。

それから、なんとなく久しぶりに『カンプグルッペzbv』を読みたくなったので探してみます。
ちなみに昔の仕事用のメールアドレスが『zbv』から始まるものにした覚えがあります。

疲れが出やすいこの時期、皆様も死んでから休む前にゆっくりとお風呂に入って暖かくお過ごしくださいね。

それでは今日はこのあたりで…
Auf Wiedersehen
  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 18:02Comments(0)黒騎士中隊日誌定期ゲーム

2018年11月14日

塹壕ゆるミリキャンの巻

戦友の皆様、ご無沙汰しておりますヽ(・∀・)ノ

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます/(・x・)\

こちら九州北部は寒いような暖かいような微妙な天気なのでイケてないキャッツ・アイ(ⓒ北条司)みたいな格好で仕事してます(当たり前ですが在宅です)

…半袖だとアレな人だし、長袖だと暑いし…何を着ていいかもうわからないので全身アンダー⚫ーマー&重力に負けているアラフォーなのでお歳暮のハムのような仕様になってます(これもだいぶアレですけど…)

それから恒例の言い訳タイムですが…もうマジガチで更新頑張ろう!と思った矢先、白菜とともに指を刻んでしまい二日間血が止まらずに作業中断。

英霊になりそうな私を見かねたハンス軍曹に寄稿して頂きました!のではりきって参りたいと思います。←急に身体が軽くなりましたw

ほわんほわんほわん~
くろし~き~/(・x・)\ . 。 o O
↑回想中の効果音です。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..






11月某日、塹壕ゆるミリキャン(略して壕キャン)してきました。

内容は、
ひたすら穴を掘って、
穴で寝て、翌日また穴を掘る。





作戦は
・MG壕の構築
・火網に沿った障害(有刺鉄線(ビニール紐))の設置
・生活壕の構築

新入隊員やキャンプ経験の浅い隊員もいたので今回は厳しい規定は設けず、楽しくゆるキャンすることを目的としました。





時間がなく生活する壕が小さくなってしまったこともあり、寝返りがうてなかったり、土が顔に落ちてくる状況を大変満喫できました。





コートやポンチョで身体は防寒できても、足先の保温対策には限界があることを身に染みて体験できました。




休憩時間は多めに取ることとして、普段使わない筋肉を労りました。
朝食、コーヒー休憩、昼食はしっかり時間を取り休息しますが、2日目に入ると自然と辛さが表情から滲み出ます。






実際には何週間や何ヵ月と続くのですから、本当に過酷な仕事だと思います。



↑荒ぶる兵士の図



「食事だけが楽しみだった」という参加者の感想を聞けました。そんな環境下で支給される温食のありがたみが身に染みたようです(良い風に解釈し過ぎ)。
作った甲斐があります♪笑







休息時間ではレコードを聴いたり、楽器を演奏するなどして過ごしました。






規定の深さまではまだまだ到達できませんでしたが、概成できたかと思います。








穴はフィールドオーナーの好意でそのまま保存いただけたので、次回も継続して構築することができます。本当に喜ばしいことです。




実際に自分達の手で掘って、そこで生活してみると、予想以上に愛着が沸くことと、小さな土の穴なのにまるで我が家のような安心感を得ることができたのは、良い体験でした。






早くも次回が楽しみな黒騎士のレクリエーションイベントとなりました。




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..

ハンス軍曹、ありがとうございました。
おかげさまで安心してFG⚫のイベントに全力投球出来そうです(`・ω・´)キリッ

それからフィールドオーナー様、ありがとうございました。本当に感謝しております。


今月は早くももう一つのイベントの報告もありますのでタイムラグが出ないように更新して行きたいと思います。

それでは今日はこのへんで!
またお逢い出来る日を楽しみにしています。

Auf Wiedersehen/(・x・)\  
Posted by ウサギの黒紫貴 at 21:47Comments(0)黒騎士中隊日誌遠征

2018年10月30日

黒騎士中隊の夏休み終了!

戦友の皆様、ご無沙汰しておりますヽ(・∀・)ノ

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます/(・x・)\

前回の更新から3ヶ月近く経ってしまいましたが、お変わりありませんか?


我々、黒騎士中隊は長い長い夏休みを終えて10月から活動を開始していますヾ(〃^∇^)ノ






(中隊長いわく、『服を着て心地よい気候が業界のハイシーズン』らしいので暑い時期はバカンス認定です。
それから定期的な活動はしている場合も私がサボりまくってupしていないのもありますw)

今回の写真を勝手にセレクトしてみました(黒紫貴調べ)




久しぶり集合写真です。集合写真ってその時の空気やメンバーで全く違う雰囲気になるなぁと思います。





真名がわからないので個人的に『黒騎士のアーチャー』と呼ぶことにします。この写真、緊迫感ある良いアングルだな!と思います。







この写真も瞬間を切り取っている感じで好きです。でもちょっと『写真で大喜利』出来そうな雰囲気が素敵です(・ω<)☆



パイセン方には申し訳ないんですが、どうもコントっぽいコメントしか思い浮かばずでサーセンw
今、本当にコント番組減ったなぁと思います。





ラストはお約束のウサ独のグルメw
腹が…減った( ✧Д✧) カッ!!←減量中につき断食中(笑)

11月以降も活動予定が入っていますので、随時更新(棒)していきたいと思います。

肌寒くなってきましたが、ウールには良い時期(中隊長より)なので頑張っていく次第です。

それでは皆様、次の更新でお会いしましょう!
再会の時を楽しみにしております(`・ω・´)ゝ
Auf Wiedersehen!
  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 09:53Comments(0)黒騎士中隊日誌定期ゲーム

2018年07月13日

歴史群像の特集がすごかった件

戦友の皆様、こんにちはヽ(・∀・)ノ

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます/(・x・)\

先日私の住まいのS県では気温36℃を記録しました。もはや人間の体温に近い気温です^^;

最近健康と訓練を兼ねてウォーキングをしていますが、終わった瞬間カフェオレをガブ飲みしながら揚げ物を食べています。

皆様もこまめな水分補給と体調管理に気をつけてくださいね。

今回は先日中隊長から半端ねぇ!と伺ったので
手に入れた『歴史群像』をご紹介。
ドイツ陸軍の特集です。



通巻150号記念特集なんですね。



意外かもですが、こういう付録を開封できないタイプです(笑)



盛りだくさんの内容です。



私のMP40とMP44どうしてるんだろう(遠い目)



個人的なイチオシ記事がこれです!
孤独のグルメならぬソ独のグルメ『スターリングラードのタルタルステーキ』(ハンバーグはタルタルステーキを焼いたことが始まりらしいです)

✱中隊長曰く『米子城の記事もよかったよ』とのことでした(^∇^)

読んだ感想ですが、知識レベルが保育園児レベルな私には総統…じゃなかった相当わかりやすく有難いです。

ドイツ陸軍に興味があるけど何から読んだらいいかわからない方には特におすすめです。


ここからがもうひとつの本題ですが、この『歴史群像』を手に入れるのに発売日から一週間ほど遅れて入手しました。

理由は先の西日本豪雨の影響で物流がストップしてしまっているらしいです。
私の住む地域にも冠水や土砂災害などの特別警報や避難指示が発令されました。

有難いことに私個人や中隊メンバーから被害の報告はありませんでしたが、被害に遭われた皆様のご心痛は察するに余りあります。

黒騎士中隊は被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げると共に一日も早い復旧と皆様の無事を祈念しております。

それでは今日はこのへんで!
Auf Wiedersehenヽ(・∀・)ノ


※引用元 『歴史群像』Aug 2018 NO.150(㈱学研プラス発行)より

  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 12:25Comments(0)黒騎士中隊日誌

2018年06月03日

ショットショージャパン2018春に参戦致しました!

戦友の皆様、ご無沙汰しております!
お元気してらっしゃいますか?

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます( ・×・)
(ここからは毎回恒例の言い訳タイムですが、
現状はソシャゲのログインすら厳しいぐらいリアルガチで忙しいですw)

6月2日(土)、6月3日(日)の両日、大阪心斎橋での『ショットショージャパン2018』(春のショットショー)に今回も小林源文先生のブースにて参戦致しました。
本当に沢山のお客様にお立ち寄り頂きました。



ショットショージャパン2018 大阪心斎橋
 http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html

運営の皆様、小林源文先生と奥様、
お立ち寄り頂いた戦友の皆様、本当にありがとうございました!



毎回沢山の方々とご縁が頂けて本当にありがたいです(*´ω`*)心より皆様の幸運と健康をお祈りしております(*`・ω・)ゞ

それではまたお会い出来る日を楽しみにしています。Auf Wiedersehen!  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 21:51Comments(0)黒騎士中隊日誌遠征小林源文先生の劇画

2018年03月08日

ヒスサバウェストに参戦致しました!



戦友の皆様、ご無沙汰しております!

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム
『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます/(・x・)\
ちなみに2018年初投稿です!←開き直って張り切って参りたいと思います(笑)

3月3日(土)、3月4日(日)の両日『第17回ヒスサバウエスト』に参戦致しました。
運営の皆様、戦友の皆様、本当にありがとうございました!
中隊長から話を聞く度、回を重ねるごとに勢い増してるなぁ~とびっくりしています。

 http://his-event-kansai.com/his_surva/

追伸…戦車提供のイケメンの方、本当にありがとうございます!またいずれかの戦場でお会い致しましょう!


集合写真(フラグ)
アニメやゲームのopかedっぽいです。


もちろん野営です。


在りし日の兄弟(あ…察し)

先日中隊長と色々な話をしましたが、色々な趣味の中でもこういったジャンルは特に長く続けることや遊んだりすることが本当に難しいと思うんです。

だから集まれる時に思いっきり遊んで、交流を深めることはすごく大事だと思います(*´ω`*)
今、隣にいる仲間がいつまでも一緒に遊べるとは限らないんだなぁと。
なんにしても縁は大切にしないといけないですよね。

今日はこの辺で!
またお会い出来るのを楽しみにしています!
Auf Wiedersehen



↑お借りした戦車、すげーカッコイイ!  

2017年12月27日

閑話休題/総統総司令部ヴォルフシャンツェと高射砲塔

戦友の皆様ご無沙汰しております!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です/(・x・)\

少し前に大阪と京都の間にあるベルリン(笑)にお住いを構えている中隊長から頂きものをしたのを今になって開封しました。。

(理由はFG●のガチャでエ●シュキガルが降臨して浮かれまくっていたとか色々ありますがだいたい皆さんの想像通りですw)

でも実際は小林源文先生からの頂きものだったようです( ̄▽ ̄;)
遅ればせながらですが小林先生お気遣いありがとうございますm(_ _)m




読ませて頂いた感想は、第二次大戦戦跡めぐりツアーの小冊子とありましたが、ホンマに小冊子?というぐらいクオリティ高いです。

個人的には劇画もいいですが、
紀行文のところが先生の描かれる劇画を彷彿させる描写だなぁと思いました。

ラーメン屋の『ごはん』頼んだら『ごはん大』にチャーシュー載せてきた感あります。

もう少し早く読めばよかった~と思いますが、私らしいクリスマスにはなりました。

(8月生まれの私は誕生日に何故か二次戦関連の映画を見るのが習慣になっています。まぁ季節柄もあるでしょうが)

今年もあと僅かですが、どんな年になりましたか?

個人的な出来事は、
ソシャゲで無課金で欲しいキャラが降臨し、
資格を四つ取れて、ゴルフ歴20年の古参兵を(ハンディキャップは貰いました)マッチプレーで撃破&有馬記念単勝獲得(まぁゴリゴリの本命で草生えましたが)
色々出来てスッキリしました(*´ω`*)

ミリ関係なくね?ですが、日常生活を生きることがサバイバルだと中隊長のお言葉は忘れたことはありません( ー`дー´)キリッ←話をすり替えました。

来年も皆様にとって素晴らしい年になりますように。。

これからも黒騎士中隊をよろしくお願い致します。

ある資格試験の際に出題された国際的な経済問題で解答欄を『ドイツ』っぽい回答で埋めて合格した私が、相変わらずのぐだぐだ感満載で活動などを伝えていきたいと思います。

寒さ対策を万全にお過ごしくださいませ。

Auf Wiedersehen!  

2017年12月05日

ショットショージャパン大阪、参戦御礼!

戦友の皆様、如何お過ごしでしょうか?
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴(★3)です/(・x・)\

12月2日(土)、12月3日(日)に開催されておりましたショットショージャパン 大阪にて出展されていた小林源文先生のブースを黒騎士中隊が支援させて頂きました!



 http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html

小林源文先生、関係者の皆様、御来場の皆様ありがとうございますm(*_ _)m




ショットショーが終わるとクリスマス、お正月とあっという間ですもんね~
皆様の今年はどんな年でしたか?

個人的な中隊における活動目標は、
来年こそは『私、更新しないんで』を卒業して、もみ手のし過ぎで火が出るぐらい中隊長の意向を忖度しまくろうと思います(多分30回ぐらい書いてる気がしますが…)
何はともあれ来年もよい年になりそうです!

寒さとの戦いが本番になりそうですが、皆様暖かくしてお過ごしくださいね~

Auf Wiedersehen( *˙︶˙*)ノ"
  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 10:04Comments(0)黒騎士中隊日誌遠征スピンオフ活動

2017年12月03日

ショットショージャパン大阪に参戦中!

戦友の皆様、お元気ですか?
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴(無課金)です(*❛x❛*)

12月2日(土)、12月3日(日)に開催されておりますショットショージャパン 大阪に出展中の小林源文先生のブースを我々黒騎士中隊が微力ながら支援させて頂けることになりました。




御来場とご来店の皆様、関係者の皆様ありがとうございます<(_ _)>

本日もよろしくお願いします!  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 07:11Comments(0)黒騎士中隊日誌遠征

2017年12月01日

​御殿場COMBAT!御礼&大阪ショットショー参戦!

戦友の皆様ご無沙汰しております!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。

大変御報告が遅くなりました( ̄▽ ̄;)

(FG●が新シナリオ公開したから遅れたとか、G1シーズンだからとか、ゴルフ三昧だからとか色々な噂はありますがホンマに家事と仕事三昧です( ー`дー´)キリッ)
 ​①御殿場SVGNET「COMBAT!12」に我々黒騎士中隊も参戦して参りました。




http://gotenbasvgnet.wixsite.com/gotenba-svg-net/combat

関係者の皆様、一緒に遊んで下さった皆様、本当にありがとうございます<(_ _)>
祝、黒騎士中隊、初関東参戦!

今回のベストショット(中隊長選出)


在りし日のハンス軍曹(フラグ舘ひろし)


その目線の先には何が写っているのか…



②12月2日(土)、12月3日(日)にショットショージャパン 大阪に出展される小林源文先生のブースを黒騎士中隊が支援させて頂けることになりました!ありがとうございます<(_ _)>

 http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html



取り急ぎ御礼とご報告までに。
寒い日が続きますが皆様お身体にご自愛くださいませ。

Auf Wiedersehen( ´ ▽ ` )ノ  

2017年11月10日

​御殿場SVGNET「COMBAT!12」に参戦致します。

戦友の皆様ご無沙汰しております!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴です。

御報告が遅くなりましたが、 ​御殿場SVGNET「COMBAT!12」に我々黒騎士中隊も参戦致します!

個人的にはレギュレーションを読むだけでもテンション上がります(笑)
ヒットコールや衛生兵のくだりがめっちゃ面白いです!

願わくばあと1回レギュレーション的にもビジュアル的にもダメ、絶対と言われるでしょうが衛生兵(ナース)で出撃したかったです。

余談ですが、
私がサバゲデビューしたのが29歳、
ナースや補助員でサバゲデビューしたのが30歳という賢者タイムだったのですが今思い返すと映像の世紀ならぬ映像の暴力だったと思います(´;ω;`)
当時遊んで下さった皆様、ホンマに申し訳なかったですm(_ _)m

ともあれ、楽しいイベントになるはず!
天候が心配されるようですがきっとよい週末になりそうです。

http://gotenbasvgnet.wixsite.com/gotenba-svg-net/combat


それではまた後日、御報告させて頂きます。

Auf Wiedersehen( ´ ▽ ` )ノ



息抜き恋ダンス風演習。
いつか踊ってくれないかなぁと期待してます(笑)  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 08:30Comments(0)黒騎士中隊日誌遠征

2017年09月03日

ショットショージャパン&コミックトレジャーに参戦しました!

戦友の皆様、こんばんは(´º×º)
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム、黒騎士中隊所属、ウサギの黒紫貴です。
スマホゲームしていたら夏が終わってました(笑)
だいぶ、ご無沙汰して申し訳ありません!


9月2日・3日の2日間、小林源文先生の支援の為ショットショージャパン&コミックトレジャーに参戦して参りました。






小林先生、ありがとうございました!





そして来店頂いた皆様、ありがとうございました!出店参加とスタッフの皆様、お疲れ様でした(*´艸`)

またお会い出来る機会もあると思います!
その時は何卒よろしくお願いします/(・x・)\



余談ですがハンス軍曹の年齢を聞いてビックリしたけど、よく考えたら自分もそれだけ歳取ったんだから当たり前なんですよね(笑)
後悔しないようにやりたいことやらないと!と改めて思った夏の日でした。  

2017年06月21日

ハンス軍曹の戦闘記録

こんばんは!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属、ウサギの黒紫貴です/(・x・)\

先日戦死したハンス軍曹が恐らく記録したと思われる手記を中隊長から頂きましたのでここに転記致します。

※BCoさんのブログに当日の様子が詳しく書かれています。
http://kfir.militaryblog.jp/e857530.html

活動記録
第2分隊 分隊長 ハンス軍曹
1944年7月10日(月)





天候は快晴。
イタリア、カステリーヌ近郊。州道沿いの西側の丘。
我がドイツ軍は北へ後退中。





0900時
小隊長より部隊の現在の状況の報告あり。
前哨を突破され、じきに米軍が今いる丘に攻めてくるとのこと。師団の後退を助ける為にも、敵部隊の進行に対してここで足止めをする必要があるようだ。
明日の1200時まで防御する。



0930時
我々の分隊はこの緊要地の南西のエリアを守備することとなった。
このエリアは崖と尾根が連なり、適度に木々も繁っている為、守りには向いている地形であった。小隊長より敵の進行ルートを確認し、分隊員と共に壕と障害(有刺鉄線)の位置を選定する。




恐らく敵は尾根沿いの斜面を登る可能性が高い為、尾根を重点的に火網に沿った障害の設置を行う。また壕の位置を特定させない事と、進入した敵を惑わせることを狙い、障害を複雑に分岐させ幾重にも設置する。



1040時
設置する塹壕および障害の位置を小隊長に報告し、承認を得ると作業に移った。
壕の場所は3箇所とする。尾根の上にMG壕1つ。尾根中腹が見渡せる小銃壕1つ。敵が迂回時に登るであろう急斜面の上に小銃壕1つ。各々の火網に沿って障害を設置する。


途中食事を挟み、各壕さらに穴を堀り続ける。分隊員のパイパー二等兵と共に障害を設置する。敵の進行をできるだけ遅らせるため複雑に分岐させていく。





パイパーの発想はユニークで、敵を惑わす仕掛けを進んで提案してくれた。我々はこの障害の迷路を「パイパーラビリンス」と命名する。
手帳に地図と障害の位置を記し、全員で確認を行う。




1600時
予定通り陣地が概成した時だった。突如敵の砲弾が降ってくる。しばらくすると砲撃が止んだ。塹壕から顔を出すとパイパーが倒れているのが目に入る。

直ぐに被害状況を確認、パイパーの手当を指示し、中隊本部へ状況報告を行う。パイパーは後送するよう指示があったため、マックス上等兵に後送を依頼し速やかに後送した。

パイパーは無事だろうか(悪運が強いので恐らく無事だろう)。
後送したマックスは何故か戻って来なかった。

この砲撃で分隊員は4名となってしまったが、どうやら今のところ補充の目処は無いらしい。

日が暮れるまで各壕を更に堀り続ける。
【※マックス、パイパーは現実世界での都合のため離脱した】




2000時
2時間交代で歩哨を行う。
1時間毎に中隊本部へ野線電話にて定時連絡を行う。何か異常を発見した際は随時報告する。
定期的に遠くで落ち葉を踏む足音が聞こえたため、報告を行う。


2100時
中隊本部にて小隊長より命令を受領。0000時より斥候を行い、敵部隊の拠点を発見し、0200時に報告せよとのこと。本部の地図を確認し、おおよその位置を想定しておく。

2300時
手元の時計の針も見えない暗さの中、恐らく鹿と思わる無数の足音が歩哨に出ているコワルスキー二等兵の周りを囲む。
「分隊長!何かいます!」と叫びながらコワルスキーが私の壕まで走ってきた。
「バカ野郎!敵は目の前にいるんだぞ!」と直ちにコワルスキーを歩哨に戻し、中隊本部へ敵に場所を気付かれた可能性があることを報告する。あの足音が全て鹿であることを願う。



0000時
定刻通り斥候に向かう。ルドルフ上等兵と2名で実施する。我々の分隊は道路沿いに進むルートだ。
開けた場所では月明かりが眩しいが、1歩森に入ると1m先も見えない暗さが広がっている。

指定の道沿い3m右側をルドルフを追従させながら前進していく。
(歩哨時に感じた事だが暗闇の中では「音」が何よりの頼りとなる。敵に複数人であることを悟られないために行動時は同時に音を出すことを出来るだけ避けたいと思う)

0020時
敵のいるであろう方向に眩い緑色の灯りを視認。情報にはない敵の新型ライトかと思ったが、移動速度や高度から蛍であることがわかった(とても風流である)。そのまま前進を続ける。

0030時頃
「Password!」
突如目の前の切り株が喋った。そこに敵の歩哨が居たことに全く気が付かなかったのだ。

二度目の「Password!」。
無闇に発砲してこないところを見ると訓練された兵士であることが窺い知れた。

後方のルドルフは硬直していたため、残された手は一か八かの逃走しかなかった。
全力で60m程後退した。
後退の際、敵歩哨の左後方5m辺りから「Alarm!」の声と複数の足音が聞こえた。

なんとか無傷で後退することに成功し、敵の警戒が解けるまでその場で待機する。

0050時
再度斥候に向かう。敵二名の位置から想定される敵拠点を推測し、その確証を得ることを目的にする。今度は道の左側を進み可能な限り敵に接近するよう試みる。
ルドルフを後方に残し「もしも」の時は得た情報を一人で持ち帰らせることにした。

風に揺れる木々の音と共に、ゆっくりと前進した。
想定される敵陣地15m前まで接近し耳を凝らした。
すぐ近くで敵の微かな呼吸が聞こえる・・・。

じっと息を殺して様子を伺い続ける。

しばらくして、15m程先から二名の足音がさっきの歩哨ともう一名の敵の位置まで移動する。
これで確証を得た私は自分の足音を敵に悟らせないよう、敵の足音に乗じてルドルフと共に味方のいる陣地まで後退した。

0200時
中隊本部にて小隊長へ斥候で得た情報を報告する。
「良くやった」とお褒めの言葉と温かなコーヒーを賜った(これが分隊長の特権である)。

0315時頃
歩哨中、尾根上MGの射線2m先に人影が入り込んだ。2度の合言葉の返答もなく動き続けた為、アラートを発動する。
20分間、暗闇の中のにらみ合いが続いた。

結果、
歩哨の交代時に自分の壕に戻れず道に迷ったヤース伍長勤務上等であることが判明した。
こちらの合言葉の声が聞こえず、その後のアラートでヤースは敵が攻めてきたと思い、伏せたことで更なる誤解が生じていた。
恐怖心から味方への誤射が発生する状況を身をもって実感した事件だった。

0415時
薄明かりがさして来た辺りで、遠くで足音が聞こえた。目を凝らしている最中、突如敵の砲弾が降り注いだ。即座に壕に飛び込みヘルメットを被った。
今から敵の攻撃が始まるのだ。

0420時
遠くに敵の部隊が見える。
が、以前として砲撃は続いている。

0425時
敵部隊が我が陣地に進入した。が、ここで見事に「パイパーラビリンス」に列をなして「入場」していくのが見えた(パイパーに見せたかった!)。障害に苦戦している隙を突いてルドルフにMGで牽制させる。中央のコワルスキーも敵の前進を食い止めているようだ。

なんとか敵の進行を遅らせることは出来たが、砲撃が激しくそれ以上の応戦は出来なかった。

0430時
敵の砲撃が後方にずれた。
つまり、敵が突撃する。

隣にいたルドルフに降服するよう伝えたかったが、既に遅かったようだ。

障害を突破した敵が号令と共に一斉に突撃を始める。

敵の進行を食い止めようとルドルフがMGで制圧を試みる。
しかし、もう敵の歩みを止めることは出来なかった。

敵が目の前に迫った時、体に衝撃を受けて私は倒れてしまった。

扇状に拡がった敵はあっという間に我々の陣地を駆逐していく。


私はゆっくり空を仰いだ。



0435時

爽やかな風が木々や葉を優しく揺らす。


今日も快晴。
心地のよい朝である。



…以上でハンス軍曹の手記は途絶えております。

現時点で判明したこの戦闘における第2分隊の状況は以下の通りです。

戦死
ハンス軍曹
ルドルフ上等兵
コワルスキー二等兵

負傷して後送
マックス上等兵(パイパー後送後、敵の砲弾を受けて負傷した)
パイパー二等兵

ヤース伍長勤務上等兵は敵に発見されず残存兵として生き残り、後続の敵部隊に捕らえられる。


今回はハンス軍曹の手記を掲載しました。
日にちが経過してからの方がよりフィードバックしやすいのではないかと思います。
改めまして関係者の皆様に敬意と感謝をこめて、厚く御礼を申し上げます。

それでは今日はこのへんで。
Auf Wiedersehen!



  

2017年06月10日

BCoさんの演習に参加させて頂きました!

こんばんは!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属のウサギの黒紫貴です。
九州地方は梅雨入りとは思えない快晴です。
そちらはいかがでしょうか?





さて6月某日、我々黒騎士中隊もBCoさんの演習に参加させて頂きました!
関係者の皆様、ありがとうございました!






塹壕で一夜(一泊じゃないんですよ)すごすというのは一生のうち体験するかしないかレベルの話だと思います。











体感の経験は何より鮮やかに記憶や心に刻まれますし、本当に貴重な体験だったと思います。

個人的には実際に体験しないとわからない事が多いのではないかと思いますので是非体験したかったです。

BCoさんのブログに当日の様子が詳しく書かれています。

http://kfir.militaryblog.jp/e857530.html


今後も随時、活動内容を報告していきます。
それでは今日はこの辺で!
Auf Wiedersehen!




  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 00:01Comments(2)黒騎士中隊日誌VS連合軍

2017年05月29日

ショットショージャパン 2017 春に参戦致しました!

こんばんは!
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属、ウサギの黒紫貴です/(・x・)\

5月27日(土)28日(日)の二日間、
ショットショージャパンに一年ぶりに参戦される小林源文先生のブースに黒騎士中隊も参戦させて頂きました!




小林源文先生、二日間ありがとうございました!
ブース参加の皆様、お疲れ様でございます!

三年ぐらい前に参加していた時にブース参加の皆様とご来場の皆様、そして会場が一体となって空気が薄くなるぐらい盛り上がったのを思い出します。

有難いことに御来場の皆様の中には我々黒騎士中隊にも声をかけて下さった方もいました(*´ω`*)
感謝です!これからよろしくお願いします!


取り急ぎ御報告だけさせて頂きます!⊂((・x・))⊃
今週も皆様に心地よい風が吹きますように心から祈っています(∩^o^)⊃━☆°.*・。

Auf Wiedersehen!

  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 01:00Comments(0)黒騎士中隊日誌

2017年05月25日

ショットショージャパン 2017 春に参戦します!

Wir haben uns lange nicht gesehen.
NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属、ウサギの黒紫貴です/(・x・)\

非常に暑い日が続いてますがいかがお過ごしでしょうか?

『最近、ブログ書いてないね』『活動してないんちがう?』という声も聞こえてきていますが黒騎士中隊、ちゃんと活動しています!







ただ、私が記事を更新していないだけです( ー`дー´)キリッ

今回はショットショージャパンに一年ぶりに参戦される小林源文先生のブースに黒騎士中隊も参戦します!
見かけた方は声かけてくださいね!




ショットショージャパン 2017春

とき:2017年5月27日(土)・28日(日) 
10:00〜17:00(両日共)

場所:大阪市中央区西心斎橋2-9-28 サンボール地下1階会場


個人的にはこの数日、
小林源文先生の『ハッピータイガー』のラストが無性に読みたくなったんで嫁入り道具を確認したら持ってきてなかった…(・x・)
てっきり持ってきてると思ってたんだけど(当方実家は鹿児島で現在は北九州方面在住です)

確かに関西~鹿児島間の引越しがあったり、実家のタイガーもとい猫達の襲撃を避けるために押し入れに保管しているはず。

ただ、猫というのは押し入れでまったりしたりうっとりする生き物なのでもしかすると…

オレ、今度実家に帰ったら押し入れを開けてみるんだ←フラグw


屋外で遊ぶのには楽しい時期ですが水分補給を忘れずに!
屋外はちょっと暑いよね…という紳士淑女の皆様はショットショーへ!

それではこのへんで!
Auf Wiedersehen!
  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 01:00Comments(0)遠征小林源文先生の劇画

2017年02月24日

フロントライン能勢参戦&ヒスサバウエスト参戦

戦友の皆様、ご無沙汰しております。
NSドイツ軍チーム『黒騎士中隊』よりウサギの黒紫貴です/(・x・)\

新年の挨拶を欠礼して申し訳ありません。

二月は逃(に)げる…と言いますが、ホンマ、日々逃げるように過ぎていきますね。

(まぁ単純に私が歳を取っただけというのもありますけどね( ̄▽ ̄)ニヤリッ)

早いものでブログ開設から〇年。これもご覧の皆様のご支援やご指導のおかげやと心から感謝しております(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)

ブログは私の都合で不定期更新になってしまってますが、
中隊は毎月演習や遠征を行ってますのでご興味ありましたらお気軽にお問い合わせください(*´ㅅ`)"

中隊の活動→

2月19日にフロントライン能勢に参戦して来ました!




 http://www.eonet.ne.jp/~frontline/


来たる2017年3月19日に開催される『第16回ヒスサバウエスト』に黒騎士中隊も参戦致します!

http://www.his-event-kansai.com/his_surva/

こちら(九州北部)はだいぶ暖かくなって少しは桜も咲いたりしてます。
今の時期は春に向けての新しい生活や出会い、新しい何かへの準備期間や待ち時間だから早く過ぎるように感じるのかもですな
/(・x・)\

まだまだ寒い日もありますので、皆様もお身体ご自愛くださいね!
Auf Wiedersehen!


  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 18:00Comments(0)遠征ざ・ウエストフロント

2016年11月23日

大抵の友達のパンツァー話=自分のパンツァー話なんだけど名古屋遠征の話。

ご無沙汰しております/(・x・)\

NSドイツ軍サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』所属 ウサギの黒紫貴でございます( •̀ᴗ•́ )

戦友の皆様、いかがお過ごしでしょうか?
20日ぶりのブログ更新です(;;Φ Φ)
今年もあと1ヶ月ちょっとで終わってしまいますね。

皆さんやり残したことはないですか?
今からやりたいことはないですか?

個人的ですが、
今年は年初から10月中旬まで転戦の連続で怒涛のテンションだったので、
のんびりしよーヾ(〃^∇^)ノと企んでます。

…のんびりしよーと書きつつ(  ´ д ` )y━~
懲りずに色々やらかしてますがよくある話ですな。

まぁ久しぶりに、社会でいうところの無所属フリーファイターという身分になったので次のジョブチェンジに向けて目下資格取得の勉強中でございます( ー`дー´)キリッ


さて中隊の活動実績です!




先の10月29日・30日の2日間、
「ビクトリーショー (V ショー) 」のスピンアウト企画、「名古屋 V-Twin Show」が 開催されました!

 http://news.militaryblog.jp/web/V-twin-show-2016-report.html

今回も小林源文先生のブースにて活動して参りました!
いつもありがとうございます(*´ㅅ`)"


ちなみに小林源文先生は、
2016年12月04日(日)  大阪中央区の特設会場にて、ファンミーティングイベント 『Wargaming Gathering: December 2016』 にも参加されるようです!

http://worldoftanks.asia/ja/news/pc-browser/27/wgg-jp-dec-2016/

気になる戦友の皆様は是非ともパンツァーフォー!してみてはいかがでしょう(o´艸`)

冬は結構イベントありますもんね!
そしてイベントって結構掘り出し物ありますもんね~(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

そういや、昔クリスマスらへんにMP44というアイテムを衝動買いして年末の帰省の旅費使い込んだから慌ててサンタガールのバイトしたという友達の話がありましたな~(・x・)
…いやだなぁ、知り合いの友達ですよ。
若かったなぁ。
今は着られへん。・゚・(ノД`)・゚・。




…それでは今日はこのへんで(笑)
暖かくお過ごしくださいね!  

Posted by ウサギの黒紫貴 at 20:06Comments(0)黒騎士中隊日誌遠征