QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2013年12月03日

あの名作?『アイアンスカイ』続編がキタ━(゜∀゜)━!かも?

戦友の皆様、こんばんは!
NSドイツ軍 サバイバルゲームチーム『黒騎士中隊』
所属 通信補助員のウサギの黒紫貴です!
本日、南の果てに帰還致しました!

夜行バスで暇つぶししていたらば!
な、なんとあの名作『アイアンスカイ』の続編が
着想中らしいぢゃないですか!
しかも随分前に記事に上がっていて出遅れた感満載wwww









http://m.news.aol.jp/2013/05/17/iron-sky-the-coming-race/


http://news.livedoor.com/lite/article_detail/7681793/


第二次世界大戦後、月の裏側に逃れていたナチスが地球を侵略しにやって来るというぶっ飛んだ設定で
昨年大きな話題となった映画『アイアン・スカイ』の監督が、北朝鮮軍に捕らえられ、
カメラの前で血まみれになりながら謝罪させられる(という設定の続編の資金募集)動画が公開。
『アイアン・スカイ』のティモ・ブオレンソラ監督が、北朝鮮の女性兵士に挟まれ、
実際には存在しない月面ナチスの映画を撮り、
また同作の中で北朝鮮を馬鹿にしたシーンがあったことを謝罪させられています。
この動画は、クラウドファンディングサービスのIndieGoGoで始まった、『アイアン・スカイ2 ザ・カミング・レイス(原題)』の資金募集のために作られたもの。


これはかなり楽しみかもしれないww
そういや、ショットショーの軍装ん時に通りすがりの戦友の皆様に『アイアンスカイだ!』と
と言われましたし、
レナーテ可愛かったなぁ(∩´∀`)∩
『アイアンスカイ』はかなりインパクトあった作品で好きなので楽しみです。
来年ぐらいやってくれないかなぁ。。

一昔前なら考えられなかったNSドイツな映画やと思いますし!
今後の展開に期待しときます!






同じカテゴリー(NSドイツな映画観賞)の記事画像
それぞれの正義の果てに何が残るのか…アドルフに告ぐ。
作戦は10分。世界が委ねられた『ワルキューレ』
共存か、支配か、その起源を目撃せよ!『X-MEN first generation』
『彼らの運命を分けた一日』バトルオブノルマンディー
『欲しいのは命令だ』ヒトラーの審判 アイヒマン最後の告白
200人の命か、たった一つの正義か・・・『ジャステイス』
同じカテゴリー(NSドイツな映画観賞)の記事
 それぞれの正義の果てに何が残るのか…アドルフに告ぐ。 (2014-06-27 11:44)
 作戦は10分。世界が委ねられた『ワルキューレ』 (2014-06-24 16:58)
 共存か、支配か、その起源を目撃せよ!『X-MEN first generation』 (2014-06-13 17:24)
 『彼らの運命を分けた一日』バトルオブノルマンディー (2013-10-19 23:08)
 『欲しいのは命令だ』ヒトラーの審判 アイヒマン最後の告白 (2013-05-20 23:10)
 200人の命か、たった一つの正義か・・・『ジャステイス』 (2013-05-12 00:57)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。